MENU

身体面を改善

EDの原因は器質性と心因性に分けることができ、さらに心因性の場合は人によって何がストレスになっているかは様々ですが、EDを改善する方法は結局のところ「いかに陰茎の血管を拡張させ勃起させるか」に集約されます

 

心因性の場合は特に原因そのものを排除することが難しいため、身体にアプローチすることが効果的です。例え心因性のEDで医療機関にかかっても、バイアグラなどの薬によって身体にアプローチすることで対策します。

 

ただ絶対にバイアグラなどの薬を使ってはいけない理由にも書きましたが、若いうちは薬に頼ってはいけません。自力の精力をアップさせない限り根本的な解決には至らないからです。そのため精力アップに有効な成分を知っておきましょう。

アルギニン・シトルリン

この2つはアミノ酸の一種でEDなどには効果的なことで知られています。アルギニンとシトルリンは体内に入るとアルギニンはシトルリンに、シトルリンはアルギニンへと変化するのですが、この変化の際に一酸化窒素を生み出します

 

この一酸化窒素は陰茎の血管を拡張させるのに必要な物質で、一酸化窒素の量が勃起力に大きく左右するのです。

 

アルギニンもしくはシトルリンのどちらか一方だけでも効果がありますが、2つを同時に摂取することで吸収効率が上がることがわかっています。

亜鉛

亜鉛が精力アップに効果的であることは有名ですね。亜鉛は睾丸の働きを活性化させるため、精子の生産力アップに効果的ということが知られています。

 

ですが睾丸にはテストステロンという男性ホルモンを分泌する役割もあり、亜鉛は男性ホルモンアップにも効果的なのです。男性ホルモンの量が少ないと性的興奮が起こりずらくなりますから、EDの改善には非常に効果的ですね。

 

このように上記の3成分がEDには効果的です。これらの成分を効率よく摂取するためのサプリがいわゆる精力剤です。なので精力剤を選ぶときは必ずこの3つの成分が含まれているかどうかをチェックしましょう。

若年性EDを改善する

若いうちのEDや中折れは絶対にバイアグラなどの薬に頼ることなく治すことが必要です。というのも薬はEDを治療するものではなく、一時的に勃起力を強化するだけのものだからです。

薬に頼ると薬がないと勃起できないという状況になり、また服用を続ければ徐々に耐性がついて効果が出なくなる可能性もあります。

20代などの若いうちのEDは薬ではなく、体質をしっかりと改善していくことで根本的な解決をすることを強くお勧めします

20代EDの改善法