MENU

EDは改善できる

まず20代などの若年性EDはそのほとんどが改善することができます。改善が難しいEDと言うのは加齢に伴って動脈硬化が進行してしまい、陰茎の血管が完全に拡張できなくなってしまった場合です

 

20代の方でそこまで動脈硬化が進行すること稀で、その場合はED以上の健康被害が発現していることでしょう。つまりそうでもなければEDは改善することが可能なのです。

 

ですが「EDなんてなさけない」「もう治らないんじゃないか」などの不安や恐怖が改善を妨げEDを助長してしまうのです。EDは必ず改善できますからあまりネガティブに考えないようにしましょう。

EDはすでに治っている?

心因性のEDの場合はある意味ではすでに治っているとも言えます。あとは自分はEDではないと自身で思えるかどうかです。

 

ここで自分はEDだからとか、また勃たないかもと思ってしまってはせっかくEDから治っている状態なのに、自分からEDを助長してるようなものなのです。

 

心因性のEDの場合はオナニー時では勃起できてもセックス時に勃起ができないことを指しますから、勃起自体は問題なくできるということです。まず勃起ができるということに自信を持ちましょう。

若年性EDを改善する

若いうちのEDや中折れは絶対にバイアグラなどの薬に頼ることなく治すことが必要です。というのも薬はEDを治療するものではなく、一時的に勃起力を強化するだけのものだからです。

薬に頼ると薬がないと勃起できないという状況になり、また服用を続ければ徐々に耐性がついて効果が出なくなる可能性もあります。

20代などの若いうちのEDは薬ではなく、体質をしっかりと改善していくことで根本的な解決をすることを強くお勧めします

20代EDの改善法