MENU

リラックスすればEDは怖くない

若い方のEDの原因のほとんどは心因性であり、緊張や不安から解ければ問題なく勃起できるケースが非常に多いのです。その証拠に何のプレッシャーもないオナニーでは普通に勃起できる方がほとんどなのです。

 

ところが「セックスが下手と思われたくない」「あの時の失敗を繰り返したくない」「また勃たなかったらどうしよう」という不安や緊張が出てくると途端に勃起がスムーズにいかなくなってしまいます。

 

なのでリラックスすることが非常に大切になってきます。リラックス法は人それぞれあっていいかともいますが、おすすめの方法をいくつか紹介します。

電気を暗くする

もし相手の表情がはっきりわかる程度の明るさであれば、表情がわかりにくい程度まで暗くするといいかもしれません。

 

相手の顔が見えると自然と相手の表情が気になってしまいます。また自分の表情が相手からわかると思うと、緊張や不安の表情を見られたくないという焦りが自然と生まれてしまうのです。

 

真っ暗というのは危険ですがお互いに顔の表情が読み取れないほうがセックスそのものに集中できるでしょう。

音楽をかけてみる

静寂というのは一人の時だとリラックスにつながりますが、人と一緒にいる状態での静寂は緊張を増幅させてしまいます。

 

上手くいっていれば相手の息遣いなどが聞こえて興奮が高まりセックスにも集中できていいのですが、上手くいかない可能性がある場合は静寂が気まずさにかわってしまうからです。

 

なので可能であれば何かしらBGMをかけてみるといいかもしれません。ちなみにラブホテルなどでは明るさも好みに変えられますし、音楽もかけられるところが多いのでたまにはホテルなどに行ってみるのもいいかもしれませんね。

若年性EDを改善する

若いうちのEDや中折れは絶対にバイアグラなどの薬に頼ることなく治すことが必要です。というのも薬はEDを治療するものではなく、一時的に勃起力を強化するだけのものだからです。

薬に頼ると薬がないと勃起できないという状況になり、また服用を続ければ徐々に耐性がついて効果が出なくなる可能性もあります。

20代などの若いうちのEDは薬ではなく、体質をしっかりと改善していくことで根本的な解決をすることを強くお勧めします

20代EDの改善法