MENU

薬剤性ED

うつ状態となり性的意欲がわかないがためにEDとなるケースがありますが、抗うつ剤などの向精神薬の副作用としてEDになってしまうケースも多くありこれを薬剤性EDと呼びます。

 

うつ状態ではセロトニンが不足するため、抗うつ剤にはセロトニンの分泌量を上昇させる効果を持つものが多くあります。セロトニンが上昇すると精神的に安定しますが、その一方で性的興奮を鎮めたり快感の減退をもたらします。

 

そのためEDを発症したり勃起できても快感が減退しているため遅漏気味になったり、場合によっては射精が難しくなることもあります。ただうつ状態でも性的興奮が起こらずEDになるケースはあるため、薬剤性なのかうつそのものが影響しているのかは判断が難しいところです。

病院で相談を

抗うつ剤とED治療薬は基本的には併用が可能なので、お医者様に相談してED治療薬を処方してもらうのも手です。もしくは抗うつ剤を処方してくれているお医者様に、今使っている抗うつ剤はEDの副作用があるかを聞いてみてもいいかもしれません。

 

うつの状態によってはEDの副作用が弱い抗うつ剤でも代替できる可能性もあります。ここで一番やっていけないのは抗うつ剤のせいでEDになっていると決めつけて、自己判断で薬を飲むのを中断してしまうことです。

 

まだ抗うつ剤が原因になっているかは不明ですし、回復傾向にあったうつの症状が深刻化してしまう可能性があります。そうなればうつによるEDを発症してしまいますから、結局今までの努力が全て水の泡となってしいます。

若年性EDを改善する

若いうちのEDや中折れは絶対にバイアグラなどの薬に頼ることなく治すことが必要です。というのも薬はEDを治療するものではなく、一時的に勃起力を強化するだけのものだからです。

薬に頼ると薬がないと勃起できないという状況になり、また服用を続ければ徐々に耐性がついて効果が出なくなる可能性もあります。

20代などの若いうちのEDは薬ではなく、体質をしっかりと改善していくことで根本的な解決をすることを強くお勧めします

20代EDの改善法