MENU

効果は一時的なもの

ED治療薬を呼ばれる薬は現在「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」の3種が存在しており、その他にはバイアグラのジェネリック医薬品としていくつもの種類が販売されています。

 

これらの薬は確かにEDに効果があり、ネット通販ではなく処方箋として受け取るものであれば決して怪しいようなものではありません。正式に医薬品として認められているものです

 

ですがこれらはいわゆる対症療法です。頭痛薬などが代表的で頭痛そのものを治すのではなく、薬の効果によって一時的に痛みをごまかすための薬です。

 

ED治療薬も実際はEDを治療するものではなく、飲んでから6時間ほど勃起力を強化するというもので飲み続ければEDが治る薬では断じてありません

若い方は地力をつけるべき

薬に頼ると薬がないと勃起できないという状況に陥ってしまいます。40代50代であれば致し方ありませんが、20代などの若い方であればまだまだ精力そのものを回復できる見込みがあります。

 

またバイアグラなどの薬は1錠約1,500円と決して安くなく、20代の頃から服用を続ければかなり費用がかさみますし、それを避けようとしてセックスの頻度自体を少なくする傾向があります。

 

さらに劇薬ですので「顔のほてり」「目の充血」「頭痛」「鼻づまり」などの副作用が出る可能性があるため、使用者の負担は経済面以外にもあるのです。

 

そのため若い方は薬に頼らず精力剤などの健康食品によって自身の精力アップを図り、EDを根本から改善されることを強くお勧めします

 

しっかりと精力をつければ薬や精力剤がないとセックスできないなんてことにはならず、自分の自信にも繋がります。若いうちは絶対に薬に頼らず最終手段としてとっておきましょう。

若年性EDを改善する

若いうちのEDや中折れは絶対にバイアグラなどの薬に頼ることなく治すことが必要です。というのも薬はEDを治療するものではなく、一時的に勃起力を強化するだけのものだからです。

薬に頼ると薬がないと勃起できないという状況になり、また服用を続ければ徐々に耐性がついて効果が出なくなる可能性もあります。

20代などの若いうちのEDは薬ではなく、体質をしっかりと改善していくことで根本的な解決をすることを強くお勧めします

20代EDの改善法