MENU

若いうちから健康に気を遣う

男性の勃起力と言うのは健康のバロメーターとも言われるほどに、勃起と健康状態は密接に関係しています。例えば糖尿病患者の約8割はEDを併発していたり、血圧が高い状態だとEDが起こりやすくなるのは事実です。

 

勃起力を保つというのは健康を保つことでもありますので、若いうちから健康に悪い習慣勃起力を落としてしまう習慣は避けるようにしましょう。

脂っこい食事

若いころはこってりしたものを好んで食べがちですが、コレステロール値が上がって血圧が上昇してしまうと陰茎の血管は拡張しずらくなります

 

加齢によるEDの主たる原因は動脈硬化で、動脈硬化は加齢の他に高血圧によって進行が早まってしまうのです。なるべく健康な血液血管を保つために、意識的に野菜などを食べるといいでしょう。

運動不足

勃起や性欲に強く関係する男性ホルモンは運動することによって増やすことができますが、逆に運動をしないと年齢とともに減少します。

 

20代後半から男性ホルモンは減っていきますので、定期的に運動をして活性化する必要があるのです。

タバコ

百害あって一利なしと言われますが、勃起にとっても非常に悪影響となります。まず短期的にはタバコに含まれるニコチンが血管を収縮させてしまうため、セックス前の一服で勃ちづらくなってしまうのです。

 

また長期的にはニコチンの血管収縮によって血圧が上昇して動脈硬化を進行させてしまいます。さらに精子も劣化させてしまいますので、精力全般の低下を招いてしまいます。

まとめ

こうしてみると健康に悪い習慣と勃起力を低下させてしまう習慣はほぼイコールの関係にあることがわかりますね。

 

ちなみに動脈硬化はEDの他に心筋梗塞や脳梗塞のリスクを飛躍的に高めますから、若いうちから気を付けておくことに越したことはありません。

若年性EDを改善する

若いうちのEDや中折れは絶対にバイアグラなどの薬に頼ることなく治すことが必要です。というのも薬はEDを治療するものではなく、一時的に勃起力を強化するだけのものだからです。

薬に頼ると薬がないと勃起できないという状況になり、また服用を続ければ徐々に耐性がついて効果が出なくなる可能性もあります。

20代などの若いうちのEDは薬ではなく、体質をしっかりと改善していくことで根本的な解決をすることを強くお勧めします

20代EDの改善法