MENU

アルギニンとシトルリンはEDに効果的

当サイトではEDの対策としてアルギニンとシトルリンを含むマカエンペラーというサプリをおすすめしていますが、ここではなぜアルギニンとシトルリンがEDに効果的なのかを論文を引用してみていきたいと思います。

 

まず大前提として勃起するには陰茎内の血管が拡張される必要がありますが、拡張するにはNO(一酸化窒素)が必要となります。

 

NOの量によって勃起力が決まると言っても過言ではありません。このことを念頭に置いて見ていきましょう。

NOの酸性量を増やす

まずはアルギニンとシトルリンが血管の拡張に必須のNOの生成量を増やすことがわかっています。
引用元⇒http://www.jbsoc.or.jp/seika/wp-content/uploads/2015/01/86-03-08.pdf

外部からのL-Arg追加によりNO産生量は増加し、NOによる生体反応が惹起される

L-Argとはアルギニンのことですが、外部からアルギニンと摂ることでNOが増加すると書かれています。
L-CitはNO回路に関わり、生体にとって欠かせないNO産生を促す.
NOを直接作り出すのはL-Argと酸素だが、L-ArgはL-Citから変換されるためL-CitもNO合成に欠かせないと考えられている

L-Citとはシトルリンのことですが、シトルリンは体内でアルギニンに変換されて、その結果NOを作り出すと書かれています。

 

さらに興味深いのが以下の点。

L-Argを直接摂取するよりも効果的にアルギニンの血漿レベルを上昇させる。
経口アルギニンは大部分が肝臓でアルギナーゼ等により代謝されてしまうのに比べ,L-Cit は代謝されないためと考えられている。

つまりアルギニンがNOを直接的に産出するが、シトルリンが体内でアルギニンに変換されるのを利用した方が、効率的にNOを増やすことができるということです。

EDの改善実験

アルギニンとシトルリンがNOを増やすことでEDは改善される可能性があることはわかりました。以下にラットを使ったEDの改善実験でそれを見ていきましょう。
引用元⇒https://ncu.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=922&item_no=1&page_id=13&block_id=17

去勢ラットにおいて,去勢手術の4週間後,勃起機能は低下したが、L-Cit経口投与によって勃起機能の有意な改善が認められた

動脈性EDモデルを作製し、L-Cit経口投与の勃起機能への効果を検討した。
その結果,内腸骨動脈結紮により勃起機能は低下したが、L-Cit経口投与によって有意に改善した。

実験は2パターンで、一つは男性ホルモンであるテストテストステロンの低下が原因でのEDのケース。もう一つは動脈硬化が原因でのEDのケースです。

 

この実験ではどちらのパターンにもシトルリンを投与することでEDの改善が見込めたとされており、シトルリンによるNOの産出量増加がED改善に効果的であることが証明されています。

若年性EDを改善する

若いうちのEDや中折れは絶対にバイアグラなどの薬に頼ることなく治すことが必要です。というのも薬はEDを治療するものではなく、一時的に勃起力を強化するだけのものだからです。

薬に頼ると薬がないと勃起できないという状況になり、また服用を続ければ徐々に耐性がついて効果が出なくなる可能性もあります。

20代などの若いうちのEDは薬ではなく、体質をしっかりと改善していくことで根本的な解決をすることを強くお勧めします

20代EDの改善法