MENU

テストステロンとは

勃起力や性欲に関わるテストステロンという男性ホルモンがあります。その他にもテストステロンは筋肉の生成や、声変わり、体毛など非常に多くのことにかかわる重要なホルモンです。

 

ちなみに思春期に勃起や精通を経験したり、体毛が増えたり、変声期を迎えたりしますが、これはテストステロンが思春期に活性化し始めるために起こる現象です。

 

思春期以降活性化したテストステロンはやがて20代後半から減少し始めます。またストレスなどがかかると年齢にかかわらず減少してしまうのです。

 

そしてそのまま減少し続けると精子の生産量は減って性欲も減退し、もちろん勃起力も低下します。さらに脂肪がつきやすくなって中年太りという太り方をします。

 

あまり知られていませんが実は中年になって太りやすくなるのはテストステロンの減少が大きく関係しているんですね。

運動で増やせる

年齢やストレスで減少してしまうテストステロンですが、運動をすることで増やすことができます

 

というのも筋肉を使うと筋肉を再生させるためにテストステロンが使われるのですが、使われる量が多いほど分泌量も増えるようになっています。

 

マッチョな人は男性ホルモンが多く精力も強そうに見えますがこれは事実なのです。筋肉を使えば使う程男性ホルモンの量は増えます。AV男優の方には筋肉質な方が多いですが、それにもちゃんとした理由があったんですね。

 

ちなみに運動とっても屋外でスポーツをする必要はなく、自宅の筋トレなどでも十分な効果を得ることができます。なのでなかなか時間が取れないという方は、是非筋トレを習慣づけることをおすすめします。

若年性EDを改善する

若いうちのEDや中折れは絶対にバイアグラなどの薬に頼ることなく治すことが必要です。というのも薬はEDを治療するものではなく、一時的に勃起力を強化するだけのものだからです。

薬に頼ると薬がないと勃起できないという状況になり、また服用を続ければ徐々に耐性がついて効果が出なくなる可能性もあります。

20代などの若いうちのEDは薬ではなく、体質をしっかりと改善していくことで根本的な解決をすることを強くお勧めします

20代EDの改善法